メータがベートーヴェンとR・シュトラウスを指揮、ピアノはペライア

2009年1月11日

ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
ズービン・メータ

マレイ・ペライア

  • エリオット・カーター
    管弦楽のための3つのイリュージョン (10分)

  • ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン
    ピアノ協奏曲第4番ト長調 (44分)

    マレイ・ペライアピアノ

  • リヒャルト・シュトラウス
    家庭交響曲 (49分)

  • 無料映像

    ズービン・メータ(聞き手:トビアス・メラー) (7分)

ピアニストのマレイ・ペライアは当公演にてベルリン・フィルに11年ぶりに復帰しました。メディアは、ベートーヴェンのピアノ協奏曲第4番を弾いたペライアを「輝かしい帰還」と讃えています。この他、ズービン・メータの指揮によりR・シュトラウスの「自身の家族生活のポートレート」とも呼べる家庭交響曲をお聴きください。

Sony Classical Murray Perahia appears by kind permission of Sony Classical.

映像を観る

無料でお試し視聴!

無料でお試し視聴!

ラトル指揮によるベートーヴェン「交響曲第4&7番」を無料でご覧ください。

無料お試し視聴する