2014年5月10日

ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
チョン・ミョンフン

アルバン・ゲルハルト

  • カール・マリア・フォン・ウェーバー
    《魔弾の射手》序曲 (11分)

  • ウンスク・チン
    チェロ協奏曲 (30分)

    アルバン・ゲルハルトチェロ

  • ヨハネス・ブラームス
    交響曲第2番ニ長調 (45分)

  • 無料映像

    インタビュー/チン・ウンスク(聞き手:ヘルゲ・グリューネヴァルト) (14分)

「私から音楽を遠ざけることはできませんでした。何しろ、私の音楽教育は生まれる9ヶ月前からすでに始まっていたのですから」とチョン・ミョンフンは語ります。韓国の著名な音楽一家に生まれたチョンは、幼い頃からピアノを学び、わずか7歳でソウル・フィルと初共演を果たしました。ニューヨークのジュリアード音楽院を卒業した後、姉のキョンファ(ヴァイオリン)、ミョンファ(チェロ)とピアノ・トリオを結成。1979年にはロサンジェルス・フィルのカルロ・マリア・ジュリーニのアシスタントとして指揮者としての研鑽を積み始めます。1984年、チョンはザールブリュッケン放送交響楽団の首席指揮者に就任、翌85年5月30日にはベルリン・フィルにデビューを果たしました。その後の活躍をよく知られている通りで、パリ・オペラ座の音楽監督、ローマ聖チェチーリア音楽院管弦楽団の首席指揮者を歴任。2000年からはフランス放送フィルの音楽監督、2012年からはドレスデン・シュターツカペレの首席客演指揮者を務めています。

ベルリン・フィルとは2001年12月にヘンツェの交響曲第8番、マーラーの交響曲第1番を指揮して以来、今回が久々の共演となりました。プログラムに並ぶのは、ウェーバーの《魔弾の射手》序曲、ブラームスの交響曲第2番のほか、ベルリン在住の韓国人作曲家チン・ウンスクのチェロ協奏曲。チェロ協奏曲は2009年にBBCの委嘱によって書かれた作品で、初演と同じくアルバン・ゲルハルトが独奏を務めます。 

映像を観る

無料でお試し視聴!

無料でお試し視聴!

ラトル指揮によるベートーヴェン「交響曲第4&7番」を無料でご覧ください。

無料お試し視聴する