カラヤン指揮:チャイコフスキー&ラフマニノフ「ピアノ協奏曲第1・2番」(ピアノ:ワイセンベルク)

67~71年

ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
ヘルベルト・フォン・カラヤン

アレクシス・ワイセンベルク

  • ピョートル・イリイチ・チャイコフスキー
    ピアノ協奏曲第1番変ロ短調 (39分)

    アレクシス・ワイセンベルクピアノ

  • セルゲイ・ラフマニノフ
    ピアノ協奏曲第2番ハ短調 (38分)

    アレクシス・ワイセンベルクピアノ

アレクシス・ワイセンベルクとのチャイコフスキーとラフマニノフのピアノ協奏曲は、このシリーズのなかでも白眉と言えるものでしょう。とりわけ後者は、カラヤンの美意識がもっとも徹底したもので、純粋のその映像美に酔わされます。人工的ではありますが、その人工性が一種の芸術性と感じられるところが、この魅力の秘密。何か非現実的で、神聖な儀式に参加しているような気分にさせられます。ワイセンベルクも、ソリストというよりは「カラヤンの楽器」というイメージです。

Unitel

Directed by Åke Falck (Tchaikovsky) and Herbert von Karajan (Rachmaninov)
Recorded at the Philharmonie, Berlin, 10–20 April 1967 (Tchaikovsky),
10/11 September 1971 (Rachmaninov)

© 1967 (Tschaikowsky) / 1971 (Rachmaninow) Unitel

映像を観る

無料でお試し視聴!

無料でお試し視聴!

ラトル指揮によるベートーヴェン「交響曲第4&7番」を無料でご覧ください。

無料お試し視聴する