カラヤン指揮:R・シュトラウス《ドン・キホーテ》(チェロ:ロストロポーヴィチ)

1975年1月1~31日

ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
ヘルベルト・フォン・カラヤン

ウルリヒ・コッホ, ムスティスラフ・ロストロポーヴィチ

  • リヒャルト・シュトラウス
    《ドン・キホーテ》 (46分)

    ウルリヒ・コッホヴィオラ), ムスティスラフ・ロストロポーヴィチチェロ

ヘルベルト・フォン・カラヤンは、リヒャルト・シュトラウスを指揮者としても作曲家としても尊敬していました。《ドン・キホーテ》は、1939年に初めてアーヘンで指揮しています。この時ソロを演奏したのは、シュトラウス自身が1933年の録音の際に起用したエンリーコ・マイナルディでした。これ以降50年間にわたって、《ドン・キホーテ》はカラヤンのレパートリーであり続けました。マイナルディ、トルテリエ、フルニエ、ロストロポーヴィチ、マといったソリストの顔ぶれは、錚々たるものです。晩年には、ブラジル出身のチェリスト、アントニオ・メネセスと共演し、1976年には、ベルリン・フィルのソロ・チェロ奏者オトマール・ボルヴィツキと演奏しています。

カラヤンがシュトラウスの交響詩で特に好んだのは、終結部でした。「すべてが素晴しいと思いますが、特に好きなのは、《ドン・キホーテ》のエピローグです。彼はそこで言います。”私は戦い、間違いも犯した。しかし、人生を自分を思うままに謳歌した。そして今…”この個所には、本当に心を打たれます」

カラヤンがこの作品に特別なつながりを持っていたことは、彼が「(首席指揮者としての)お別れ演奏会」でたびたび《ドン・キホーテ》を取り上げたことにも現れているでしょう。例えば1964年のウィーンでの演奏会、そして1986年のフルトヴェングラーの生誕100周年の演奏会です。

ムスティスラフ・ロストロポーヴィチ(1927–2007)は、カラヤンと良好な関係を築いていました。カラヤンは、本映像のリハーサルでの思い出を、次のように語っています。「ロストロポーヴィチは、ソロの最初の個所を、非常に遅く、また唸るような音で弾きだしました。私は驚いて、”スラヴァ、どうしたの?”と聞きました。すると彼は、”いや、大丈夫。ただ、この馬はちょっと年寄りなので、乗りこなすのに苦労しているのさ”と言ったのでした!」

Unitel

Directed by Herbert von Karajan
Recorded at the Philharmonie, Berlin, January 1975
© 1975 Unitel

映像を観る

無料でお試し視聴!

無料でお試し視聴!

ラトル指揮によるベートーヴェン「交響曲第4&7番」を無料でご覧ください。

無料お試し視聴する