バレンボイムがベルリン・フィルをベルリン国立歌劇場で指揮

1998年4月16日
ベルリン国立歌劇場

ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
ダニエル・バレンボイム

  • ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン
    交響曲第8番ヘ長調 (28分)

  • ローベルト・シューマン
    4つのホルンのためのコンツェルトシュテュックヘ長調 (20分)

    デイル・クレヴェンジャー, イグナシオ・ガルシア, シュテファン・ドール, ゲオルク・シュレッケンベルガー

  • フランツ・リスト
    交響詩第3番《前奏曲》 (17分)

  • リヒャルト・ワーグナー
    《ワルキューレの騎行》 (7分)

1998年、ベルリン・フィルは初めてベルリン国立歌劇場に客演しました。これは当時3回目を迎えたイースター音楽祭「フェストターゲ」の演奏会で、ベルリン国立歌劇場の音楽総監督で、ベルリン・フィルの長年の「フレンド」であるダニエル・バレンボイムが指揮しています。プログラムで興味深いのは、シューマンの「4つのホルンのためのコンツェルトシュテュック」。シカゴ交響楽団のデイル・クレヴェンジャー、ベルリン・シュターツカペレのイグナシオ・ガルシア、ベルリン・フィルのシュテファン・ドール、ゲオルク・シュレッケンベルガーがソロを務めています。

EuroArts

© 1998 EuroArts Music International

映像を観る

無料でお試し視聴!

無料でお試し視聴!

ラトル指揮によるベートーヴェン「交響曲第4&7番」を無料でご覧ください。

無料お試し視聴する