2009年9月19日

ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
グスターボ・ドゥダメル

アンサンブル・グロリアス・パーカッション

  • ソフィア・グバイドゥーリナ
    打楽器アンサンブルと管弦楽のための協奏曲〈グロリアス・パーカッション〉 (40分)

    アンサンブル・グロリアス・パーカッション

  • ディミトリ・ショスタコーヴィチ
    交響曲第12番ニ短調 (47分)

  • 無料映像

    ソフィア・グバイドゥーリナ(聞き手:マルガレーテ・ツァンダー) (23分)

2009年9月のベルリン音楽祭ではショスタコーヴィチの作品が集中的に取り上げられました。ここではグスターボ・ドゥダメルが交響曲第12番を指揮しましたが、ベルリン・フィルがこの曲を演奏するのは実はこの時が初めてでした。グバイドゥーリナが2007年に作曲した〈グロリアス・パーカッション〉では、5人の打楽器ソリストによる多様な響きと効果に耳を奪われます。

Deutsche GrammophonGustavo Dudamel appears in the Digital Concert Hall courtesy of Deutsche Grammophon.

映像を観る

無料でお試し視聴!

無料でお試し視聴!

ラトル指揮によるベートーヴェン「交響曲第4&7番」を無料でご覧ください。

無料お試し視聴する