2012年1月14日

ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
ダニエル・バレンボイム

ダニエル・バレンボイム, アンナ・ラーソン, イアン・ストーレイ, クヮンチュル・ユン, ベルリン放送合唱団

  • エドワード・エルガー
    オラトリオ《ゲロンティアスの夢》 (101分)

    アンナ・ラーソンメゾソプラノ), イアン・ストーレイテノール), クヮンチュル・ユンバス), ベルリン放送合唱団, サイモン・ハルシー合唱指揮

  • 無料映像

    サイモン・ハルシーによる作品解説 (16分)

ベルリン国立歌劇場の音楽総監督ダニエル・バレンボイムは、ベルリン・フィルにも頻繁に客演しています。今回の演奏会では、イギリスの作曲家エドワード・エルガーのオラトリオ《ゲロンティアスの夢》が取り上げられます。

《ゲロンティアスの夢》は、エルガーが43歳の時の1900年に完成。死への恐れと神による魂の救済を、カトリック教徒として熱烈な信仰の力でまとめ上げた大作です。イギリスでは今日、ヘンデルの《メサイア》、メンデルスゾーンの《エリア》と並んで、3大オラトリオのひとつとされています。

ソリストには、スウェーデン生まれでCD録音も多いアンナ・ラーソン(メゾソプラノ)、イギリス出身でワーグナーを得意とするイアン・ストーレイ(テノール)、韓国のユン・クヮンチュル(バス)と、現在ヨーロッパの第一線で活躍している歌手が勢揃いします。サイモン・ハルシーが指揮するベルリン放送合唱団のコーラスも、聴き逃せません。

この作品は、間近にせまった死と天上の幸福が主要テーマであることから、死との闘いを描いた、R・シュトラウスの《死と変容》と比較されることがあります。また《パルシファル》など、エルガーが敬愛していたワーグナーからの影響も指摘されています。イギリス外のヨーロッパ諸国では、上演に接したR・シュトラウスが作品の価値を真っ先に認め、「イギリスで最初の進歩的な作曲家」と賞賛しました。

Deutsche GrammophonDaniel Barenboim appears by courtesy of Deutsche Grammophon Gesellschaft.

映像を観る

無料でお試し視聴!

無料でお試し視聴!

ラトル指揮によるベートーヴェン「交響曲第4&7番」を無料でご覧ください。

無料お試し視聴する