2009年12月12日

ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
クリスティアン・ティーレマン

ベルリン放送合唱団

  • ヨハネス・ブラームス
    哀悼の歌 (14分)

    ベルリン放送合唱団, ロビン・グリットン合唱指揮

  • ヨハネス・ブラームス
    運命の女神たちの歌 (11分)

    ベルリン放送合唱団, ロビン・グリットン合唱指揮

  • ヨハネス・ブラームス
    運命の歌 (19分)

    ベルリン放送合唱団, ロビン・グリットン合唱指揮

  • アルノルト・シェーンベルク
    交響詩《ペレアスとメリザンド》 (50分)

  • 無料映像

    クリスティアン・ティーレマン(聞き手:サラ・ウィリス) (16分)

ブラームスは生涯を通じて感情表現豊かな合唱曲を書き続けました。クリスティアン・ティーレマン指揮の演奏会では、哀悼の歌、運命の歌、運命の女神たちの歌という特に優れた3曲が演奏されます。メインプログラムは、シェーンベルクの後期ロマン派の大作、交響詩《ペレアスとメリザンド》です。

映像を観る

無料でお試し視聴!

無料でお試し視聴!

ラトル指揮によるベートーヴェン「交響曲第4&7番」を無料でご覧ください。

無料お試し視聴する