ドゥダメルの《ツァラトゥストラ》!コルンゴルトのソリストはカヴァコス

2012年4月28日

ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
グスターボ・ドゥダメル

レオニダス・カヴァコス

  • モーリス・ラヴェル
    《マ・メール・ロワ》 (20分)

  • エーリヒ・ヴォルフガング・コルンゴルト
    ヴァイオリン協奏曲 (35分)

    レオニダス・カヴァコスヴァイオリン

  • リヒャルト・シュトラウス
    交響詩《ツァラトゥストラはこう語った》 (43分)

  • 無料映像

    インタビュー/グスターボ・ドゥダメル(聞き手:アルブレヒト・マイヤー) (17分)

グスターボ・ドゥダメルは、指揮者の役割について「私はオーケストラの一部に過ぎません。お互いが歩み寄ることによって初めて、マジックは生まれるのです」と控え目に語っています。しかし彼が、現代で最も重要な指揮者のひとりであることは、疑いがありません。音楽に没入し、オーケストラと聴衆を触発する才に長けたドゥダメルが、ベルリン・フィルと交響詩《ツァラトゥストラはこう語った》をメインとしたプログラムに挑みました。

ラヴェルの《マ・メール・ロワ》は、優美さ、ポエジー、そしてユーモアをたたえた一連のメルヘンと言えます。一方コルンゴルトのヴァイオリン協奏曲は、時にノーブルで、時に超絶技巧的なソロ・パートを伴う純音楽的な形式を取っています。しかしその本質には、描写音楽が流れていると考えられるでしょう。すなわちここでは、1938年のアメリカ亡命後に書かれた映画音楽が、数多く引用されています。そのスタイルは、今日まで映画音楽の作曲家に影響を与え続けています。ソリストを務めるレオニダス・カヴァコスは、前回ベルリン・フィルに客演した際、「最も美しい音を奏でる奇跡のヴァイオリニスト」と絶賛されました。

R・シュトラウスの《ツァラトゥストラはこう語った》は、ニーチェの哲学書を元にした交響詩です。しかし作曲家は、ここでその思想を具象化・音楽化したのではなく、むしろニーチェの自由で人生肯定的な精神を描いたのだと言えるでしょう。

Deutsche GrammophonGustavo Dudamel appears by courtesy of Deutsche Grammophon Gesellschaft.

映像を観る

無料でお試し視聴!

無料でお試し視聴!

ラトル指揮によるベートーヴェン「交響曲第4&7番」を無料でご覧ください。

無料お試し視聴する