東日本大震災:ラトルとバレンボイムによる救済募金コンサート

2011年3月29日
UNICEF concert for Japan

ダニエル・バレンボイム, ベルリン・シュターツカペレ, ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団, サー・サイモン・ラトル

  • ピョートル・イリイチ・チャイコフスキー
    交響曲第6番《悲愴》 (53分)

    ダニエル・バレンボイム指揮), ベルリン・シュターツカペレ

  • ヨハネス・ブラームス
    交響曲第4番 (48分)

    ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団, サー・サイモン・ラトル指揮

  • 無料映像

    クリスティアン・シュナイダー(ドイツ・ユニセフ。聞き手:アンドレアス・ヴィットマン) (11分)

ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団とベルリン・シュターツカペレは、すでに数限りなく日本に客演していますが、東日本大震災を受けて、サー・サイモン・ラトルとダニエル・バレンボイムの指揮で救済募金コンサートを実施しました。

演奏会およびライブ配信の収益は、すべてユニセフ(国連児童基金)に寄付され、現地の子供たちに送られています。(財)日本ユニセフ協会専務理事の早水研氏によると、同協会は、被害を受けた東日本地域の子供たちに対する早急かつ効果的な援助を、現時点での最大の目標としています。両オーケストラの団員はこの意向に賛同し、ドイツから可能な手助けをさせていただきたいと考えています。

コンサートの前半では、ダニエル・バレンボイムとベルリン・シュターツカペレが、チャイコフスキーの「交響曲第6番《悲愴》」を演奏しました。ベルリン・シュターツカペレは、1570年に設立されたドイツ最古の楽団のひとつで、コンサート活動の他、ベルリン国立歌劇場のオーケストラとして活躍しています。1992年からは、ダニエル・バレンボイムが音楽総監督を務めています。

コンサートの後半では、サー・サイモン・ラトルとベルリン・フィルが、ブラームスの「交響曲第4番」を演奏しました。ベルリン・フィルは、1957年のヘルベルト・フォン・カラヤンとの初来日以来、日本の聴衆と深く結びついています。また2007年以降は、ユニセフの親善大使としても活動しています。

映像を観る

無料でお試し視聴!

無料でお試し視聴!

ラトル指揮によるベートーヴェン「交響曲第4&7番」を無料でご覧ください。

無料お試し視聴する