マーラー没後100周年演奏会は、アバドの《大地の歌》

マーラー没後100周年演奏会は、アバドの《大地の歌》

2011年5月18日

ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
クラウディオ・アバド

アンネ・ソフィー・フォン・オッター, ヨナス・カウフマン

  • グスタフ・マーラー
    交響曲第10番より〈アダージョ〉(クック版) (25分)

  • グスタフ・マーラー
    《大地の歌》 (67分)

    アンネ・ソフィー・フォン・オッターメゾソプラノ), ヨナス・カウフマンテノール

2011年5月18日は、マーラーの没後100周年に当たります。この記念日にベルリン・フィルは、彼の晩年の傑作《大地の歌》と「交響曲第10番」より〈アダージョ〉を特別演奏しました。指揮は、ベルリン・フィル前芸術監督のクラウディオ・アバド。ソリストには、アンネ・ソフィー・フォン・オッター(メゾソプラノ)とヨナス・カウフマン(テノール)が迎えられました。

アバドはマーラー指揮者として極めて高く評価されており、1967年のベルリン・フィルへのデビューも「リュッケルト歌曲集」で飾っています。首席指揮者時代には数々の名解釈を披露し、その多くはCDにも録音されていますが、この《大地の歌》は1999年に一度取り上げて以来でした。

Jonas Kaufmann appears by kind permission of Decca Classics.

 

 

EuroArts

© 2011 EuroArts Music International

映像を観る

無料でお試し視聴!

無料でお試し視聴!

ラトル指揮によるベートーヴェン「交響曲第4&7番」を無料でご覧ください。

無料お試し視聴する