ビエロフラーヴェクがヤナーチェク、シェーンベルク、ブラームスを指揮

2010年4月24日

ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
イルジー・ビエロフラーヴェク

ピエール=ロラン・エマール

  • レオシュ・ヤナーチェク
    《死者の家から》組曲 (23分)

  • アルノルト・シェーンベルク
    ピアノ協奏曲 (23分)

    ピエール=ロラン・エマールピアノ

  • ヨハネス・ブラームス
    交響曲第4番ホ短調 (46分)

  • 無料映像

    ピエール=ロラン・エマール(聞き手:エマニュエル・パユ) (19分)

チェコの名指揮者、イルジー・ビエロフラーヴェクが登場し、ヤナーチェクのオペラ《死者の家から》組曲、ブラームスの交響曲第4番を指揮しました。シェーンベルクのピアノ協奏曲のソリストは、ピエール=ロラン・エマール。生き生きとした色彩に富み、十二音技法の難解さを感じさせない秀演になっています。

映像を観る

無料でお試し視聴!

無料でお試し視聴!

ラトル指揮によるベートーヴェン「交響曲第4&7番」を無料でご覧ください。

無料お試し視聴する