ルイ・ラングレがオール・モーツァルト・プログラムでベルリン・フィルにデビュー!

2013年1月25日

ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
ルイ・ラングレ

  • ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト
    《皇帝ティートの慈悲》序曲 (6分)

  • ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト
    交響曲第40番ト短調 (34分)

  • ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト
    2つのソプラノ、テノール、合唱、管弦楽のためのカンタータ《悔悟するダヴィデ》 (51分)

    ジェーン・アーチボルドソプラノ), アン・ハレンベリソプラノ), ヴェルナー・ギューラテノール), ベルリン放送合唱団, サイモン・ハルシー合唱指揮

  • 無料映像

    インタビュー/ルイ・ラングレ(聞き手:エマニュエル・パユ) (18分)

モーツァルトの交響曲第40番は、この作曲家のもっともポピュラーな作品のひとつです。しかし、このト短調交響曲ほどさまざまな解釈を呼び起こした作品もないでしょう。例えば、モーツァルトの伝記作者ヘルマン・アーベルトが、この音楽の中に「深く、宿命論的なペシミズムのもっとも強烈な表現」を見出す一方で、ローベルト・シューマンは「ギリシャ風にたゆたうごとき優美さ」を強調しました。モーストリー・モーツァルト・フェスティバルの音楽監督、ザルツブルク・カメラータの首席指揮者を務めるルイ・ラングレが、このベルリン・フィルのデビュー公演で、どのような解釈を示すのか注目されました。

メインプログラムの《悔悟するダヴィデ》は、モーツァルト作品の中でも上演される機会は稀です。1785年、ウィーンの音楽芸術家協会が委嘱したこの大規模な詩篇カンタータは、ある詩人が自由な形式で書いた贖罪と悔悟の祈祷文に基づいて生まれました。当時多忙だったモーツァルトは、未完のハ短調ミサ曲(1782/83年)の素材を転用して作品をまとめ上げ、初演では60人以上の合唱団と交響曲の規模のオーケストラを自ら指揮したのです。音楽芸術家協会は、未亡人や孤児を支援するべく、ブルク劇場で定期的に慈善演奏会を催しており、モーツァルトも協会の会員になろうと努めていました。もっとも彼は、受洗証明書を期日までに提出しなかったために、協会の受け入れを拒否されてしまうのです。これほど美しい作品を提供したにも関わらず……。

映像を観る

無料でお試し視聴!

無料でお試し視聴!

ラトル指揮によるベートーヴェン「交響曲第4&7番」を無料でご覧ください。

無料お試し視聴する