2012年ヨーロッパ・コンサートは、ドゥダメル指揮でウィーンから

2012年5月1日
ヨーロッパ・コンサート2012(ウィーン・宮廷スペイン乗馬学校)

ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
グスターボ・ドゥダメル

ゴーティエ・カプソン

  • ヨハネス・ブラームス
    ハイドンの主題による変奏曲 (21分)

  • ヨーゼフ・ハイドン
    チェロ協奏曲第1番ハ長調 (27分)

    ゴーティエ・カプソンチェロ

  • ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン
    交響曲第5番ハ短調《運命》 (38分)

2012年のヨーロッパ・コンサートは、グスターボ・ドゥダメルの指揮で開催。会場は、ウィーンの宮廷スペイン乗馬学校です。華麗なバロック様式の建物で、18世紀の雰囲気を伝えていますが、演奏されるのも、ウィーン古典派にちなんだ曲目。ハイドンのチェロ協奏曲第1番、ベートーヴェンの交響曲第5番《運命》のほか、ハイドンへの最敬礼とも言うべきブラームスのハイドンの主題による変奏曲が選ばれています。チェロ独奏は、フランスのゴーティエ・カプソン。当演奏会は、彼のベルリン・フィルへのデビューでした。

映像を観る

無料でお試し視聴!

無料でお試し視聴!

ラトル指揮によるベートーヴェン「交響曲第4&7番」を無料でご覧ください。

無料お試し視聴する