コンスタンティノス・カリディスがベルリン・フィルにデビュー

コンスタンティノス・カリディスがベルリン・フィルにデビュー

ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
コンスタンティノス・カリディス

  • ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト
    交響曲第34番ハ長調

  • ディミトリ・ショスタコーヴィチ
    室内交響曲ハ短調(バルシャイによる管弦楽版)

  • ディミトリ・ショスタコーヴィチ
    弦楽八重奏曲からの2つの小品(弦楽オーケストラ版)

  • ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト
    交響曲第38番ニ長調《プラハ》

It is always exciting to hear the expressive range that can be achieved even with a small orchestra. That is demonstrated in this concert, at which Constantinos Carydis makes his debut with the Berliner Philharmoniker. The programme is framed by Mozart’s Symphonies No. 34 and 38, in which tonal radiance is combined with delicate expressive nuances. We also hear works by Dimitri Shostakovich, including his Chamber Symphony op. 110a, which sensitively and movingly reflects the horror of war.

映像を観る

無料でお試し視聴!

無料でお試し視聴!

ラトル指揮によるベートーヴェン「交響曲第4&7番」を無料でご覧ください。

無料お試し視聴する