メータ指揮によるヴェルディ《オテロ》の演奏会形式上演

メータ指揮によるヴェルディ《オテロ》の演奏会形式上演

ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
ズービン・メータ

アルセン・ソホモニアン, ソーニャ・ヨンチェヴァ, ルカ・サルシ

  • ジュゼッペ・ヴェルディ
    歌劇《オテロ》(演奏会形式上演)

    アルセン・ソホモニアン(テノール/オテロ), ソーニャ・ヨンチェヴァ(ソプラノ/デズデーモナ), ルカ・サルシ(バリトン/イアーゴ), アンナ・マラヴァージ(メゾソプラノ/エミーリア), フランチェスコ・デムーロ(テノール/カッシオ), グレゴリー・ボンファッティ(テノール/ロデリーゴ), ジョヴァンニ・フルラネット(バス/モンターノ), フェデリコ・サッキ(バス/ロドヴィーコ), ベルリン放送合唱団, ギース・レーンナールス(合唱指揮)

The 75-year-old Giuseppe Verdi once again reached a new artistic level with Otello. None of his other operas is as compelling or has such dramatic force, right up to the murderous finale. Following the performances at the Easter Festival in Baden-Baden, the Berliner Philharmoniker present their interpretation of this dark, expressive score to the Berlin public together with a cast of prominent singers and conductor Zubin Mehta.

映像を観る

無料でお試し視聴!

無料でお試し視聴!

ラトル指揮によるベートーヴェン「交響曲第4&7番」を無料でご覧ください。

無料お試し視聴する