ネルソンスとトリフォノフがスクリャービンの協奏曲で共演

ネルソンスとトリフォノフがスクリャービンの協奏曲で共演

ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
アンドリス・ネルソンス

ダニール・トリフォノフ

  • アレクサンドル・スクリャービン
    ピアノ協奏曲嬰ヘ短調

    ダニール・トリフォノフ(ピアノ)

  • ディミトリ・ショスタコーヴィチ
    交響曲第11番ト短調《1905年》

Alexander Scriabin’s Piano Concerto is a work that is performed with surprising infrequency. During this concert you can discover the work for yourself: its drama and passion, its boundless wealth of emotional nuances. The soloist is Daniil Trifonov, “perhaps the most exciting pianist to have emerged internationally in the last 30 years” (The Guardian). Andris Nelsons also conducts Shostakovich’s Symphony No. 11, which impresses listeners with the vividness of a film score.

映像を観る

無料でお試し視聴!

無料でお試し視聴!

ラトル指揮によるベートーヴェン「交響曲第4&7番」を無料でご覧ください。

無料お試し視聴する