ヨーロッパ・コンサート2019はパリのオルセー美術館から【この演奏会は、契約の都合により日本国内ではご視聴いただけません】

ヨーロッパ・コンサート2019はパリのオルセー美術館から【この演奏会は、契約の都合により日本国内ではご視聴いただけません】

ヨーロッパ・コンサート2019(パリ)

ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
ダニエル・ハーディング

ブリン・ターフェル

  • リヒャルト・ワーグナー
    《パルジファル》より聖金曜日の奇蹟

  • エクトル・ベルリオーズ
    《トロイアの人々》より〈王の狩りと嵐〉

  • クロード・ドビュッシー
    《ペレアスとメリザンド》(ダニエル・ハーディング編纂による抜粋)

  • クロード・ドビュッシー
    《牧神の午後への前奏曲》

  • エクトル・ベルリオーズ
    《ロメオとジュリエット》より愛の情景

  • リヒャルト・ワーグナー
    《ワルキューレ》より〈ヴォータンの告別〉と〈魔の炎〉(演奏会形式上演)

    ブリン・ターフェル(バス)

This year’s European Concert at the Musée d’Orsay in Paris is a powerful symbol of the German-French friendship. Daniel Harding, music director of the Orchestre de Paris, conducts eminent works by Wagner, Berlioz and Debussy which reveal the many links between the musical cultures of the two countries. The Welsh bass-baritone Bryn Terfel appears as soloist with the Philharmoniker again for the first time in 18 years.

映像を観る

無料でお試し視聴!

無料でお試し視聴!

ラトル指揮によるベートーヴェン「交響曲第4&7番」を無料でご覧ください。

無料お試し視聴する