1994年10月14日
ベルリン・フィル日本公演(会場:サントリー・ホール)

ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
クラウディオ・アバド

  • モデスト・ムソルグスキー
    《はげ山の一夜》 (18分)

  • イゴール・ストラヴィンスキー
    《火の鳥》組曲(1919年版) (24分)

  • ピョートル・イリイチ・チャイコフスキー
    交響曲第5番ホ短調 (52分)

東京のサントリー・ホールで行われた当演奏会では、クラウディオ・アバドとベルリン・フィルがロシアの管弦楽曲3作品を取り上げました。

ムソルグスキーの交響詩《はげ山の一夜》(1867年原典版)は、はげ山に集まり、明け方まで大騒ぎする不気味な魔女たちの姿を描いた作品。また、ストラヴィンスキーの組曲《火の鳥》(1919年原典版)は、ロシア・バレエ団の主宰者セルゲイ・ディアギレフの依頼がきっかけで作曲されました。

一方、チャイコフスキーの交響曲第5番(1888年)は、交響曲第6番《悲愴》と並んで人気の高い作品です。第1楽章においてクラリネットで提示される哀愁的な「運命の動機」が、全曲にわたって使用されます。

アバドにとって、これらの作品は十八番のレパートリーといえるものです。ここでは、ベルリン・フィルの卓越した演奏能力も聴き逃せません。

EuroArts

© 1994 EuroArts Music International

映像を観る

無料でお試し視聴!

無料でお試し視聴!

ラトル指揮によるベートーヴェン「交響曲第4&7番」を無料でご覧ください。

無料お試し視聴する