1996年5月1日
ヨーロッパ・コンサート1996(サンクトペテルブルク)

ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
クラウディオ・アバド

アナトリ・コチェルガ, コリヤ・ブラッハー

  • セルゲイ・プロコフィエフ
    《ロメオとジュリエット》からの抜粋(モンタギュー家とキャピュレット家・5つのカップルの踊り・百合の花を持った娘の踊り・ティボルトの死) (19分)

  • セルゲイ・ラフマニノフ
    歌劇《アレコ》からのカヴァティーナ (8分)

    アナトリ・コチェルガバス

  • ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン
    ロマンス第1&2番 (14分)

    コリヤ・ブラッハーヴァイオリン

  • ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン
    交響曲第7番イ長調 (40分)

  • ピョートル・イリイチ・チャイコフスキー
    《くるみ割り人形》より〈花のワルツ〉 (8分)

クラウディオ・アバドとベルリン・フィルのヨーロッパ・コンサート1996は、ロシアの古都サンクトペテルブルグのマリンスキー劇場で行われました。マリンスキー劇場は、チャイコフスキーの有名な3大バレエや、ムソルグスキーの歌劇《ボリス・ゴドゥノフ》が初演された場所。ロシアでも特別な歴史を誇るホールです。当コンサートでは、ロシアの作曲家による3作品と、ベートーヴェンの2作品を組み合わせたプログラムが演奏されています。

プロコフィエフのバレエ音楽《ロミオとジュリエット》からの抜粋では、アバド&ベルリン・フィルが迫真的で力感にあふれた演奏を繰り広げています。また、ラフマニノフの歌劇《アレコ》からのカヴァティーナでは、ロシア出身で、国際的に活躍するバス歌手アナトリ・コチェルガが、貫禄の歌声を披露しています。

一方、ベートーヴェンのヴァイオリンと管弦楽のためのロマンス第1番、第2番では、当時のベルリン・フィルの第1コンサートマスター、コリヤ・ブラッハーがソロを担当。交響曲第7番は、ピアノによる抜粋版がロシア皇后エリザヴェータ・アレクセーエヴナに献呈されていることから、ロシアとゆかりのある作品と言えるものです。ここでも、ベルリン・フィルがその実力を遺憾なく発揮しています。

EuroArtsRecorded at Mariinsky Theatre, St. Petersburg
© 1996 EuroArts Music International

映像を観る

無料でお試し視聴!

無料でお試し視聴!

ラトル指揮によるベートーヴェン「交響曲第4&7番」を無料でご覧ください。

無料お試し視聴する