年末年始キャンペーン:2枚組特典DVD付き12ヶ月チケット
ご購入者に次期首席指揮者キリル・ペトレンコの非売品DVDをもれなくプレゼント!
注文はこちらから
アーカイブ
無料でお試し視聴!

無料でお試し視聴!

ラトル指揮によるベートーヴェン「交響曲第4&7番」を無料でご覧ください。

無料お試し視聴する

最近のアーカイブ映像より10本:

  • ゲルギエフがストラヴィンスキーの《火の鳥》を指揮

    ゲルギエフがストラヴィンスキーの《火の鳥》を指揮

    Photo: Stephan Rabold

    ヴァレリー・ゲルギエフの久々のベルリン・フィル客演では、フランスにおけるロシア音楽とバレエへの関連がテーマとなっています。20世紀初頭、パリはセルゲイ・ディアギレフのバレエ・リュス(ロシア・バレエ団)に席巻されましたが、ドビュッシーの《牧神の午後への前奏曲》は、ヴァーツラフ・ニジンスキーが振り付けて一世を風靡した作品。一方、ストラヴィンスキー《火の鳥》も、ディアギレフが委嘱して注目を集め、若き作曲家の名前を一躍有名にしました。リムスキー=コルサコフの《金鶏》は、パリでバレエ・リュスによりオペラ・バレエとして上演されています。プロコフィエフの《シンデレラ》はバレエ・リュスとは直接関係はないものの、ペローの原作も含めて、フランスとロシア・バレエのつながりを示唆しているでしょう。いずれもオーケストラの色彩感と技巧美に満ちた傑作です。

    2018年12月8日

    ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
    ヴァレリー・ゲルギエフ

    • クロード・ドビュッシー
      《牧神の午後への前奏曲》

    • ニコライ・リムスキー=コルサコフ
      《金鶏》組曲

    • セルゲイ・プロコフィエフ
      バレエ音楽《シンデレラ》より抜粋

    • イゴール・ストラヴィンスキー
      《火の鳥》全曲

    • 無料映像

      ヴァレリー・ゲルギエフ(聞き手:シュテファン・コンツ)

    ゲルギエフがストラヴィンスキーの《火の鳥》を指揮 コンサートの詳細を見る
  • クリスマス・コンサート《冬のドラマーランド》

    クリスマス・コンサート《冬のドラマーランド》

    Photo: Stephan Rabold

    ベルリン・フィルのホルン奏者、サラ・ウィリスの司会によるクリスマス・ファミリー・コンサートは、もはや冬の風物詩といえるものです。今年は打楽器にクローズアップした独奏的なプログラムが組まれました。打楽器でクリスマス・ソングとはいかに?ベルリン・フィル打楽器奏者たちの鮮やかな腕前やユーモアあふれるやり取りとともにお楽しみください!

    2018年12月2日

    ベルリン・フィル打楽器奏者とゲスト

    サラ・ウィリス

    • 無料映像

      《冬のドラマーランド》

      サラ・ウィリス

    クリスマス・コンサート《冬のドラマーランド》 コンサートの詳細を見る
  • ジョージ・べンジャミンがマーラー・チェンバー・オーケストラと自作で共演

    ジョージ・べンジャミンがマーラー・チェンバー・オーケストラと自作で共演

    Photo: Adam Janisch

    ジョージ・ベンジャミンによる傑作の呼び声の高い現代オペラ《リトゥン・オン・スキン》が、作曲家自身の指揮とマーラー・チェンバー・オーケストラにより上演されました。ベンジャミンは、今シーズンの「コンポーザー・イン・レジデンス」を務めるイギリスの作曲家。このオペラは暴力的で嫉妬深い夫、世間知らずの若い妻、才能豊かな画家をめぐる愛の三角関係を描いた物語で、中世プロヴァンスの伝説を下敷きにしたもの。ヨーロッパ各地の劇場で上演を重ねている人気作品をお聴きください。

    2018年11月12日

    マーラー・チェンバー・オーケストラ
    ジョージ・ベンジャミン

    • ジョージ・ベンジャミン
      《リトゥン・オン・スキン》

      エヴァン・ヒューズバスバリトン/保護者), ジョージア・ジャーマンソプラノ/アニエス), ベジュン・メータカウンターテノール/第1の天使・少年), ヴィクトリア・シモンズメゾソプラノ/第2の天使・マリー), ロバート・マレイテノール/第3の天使・ジョン), ベンジャミン・デイヴィス演出

    ジョージ・べンジャミンがマーラー・チェンバー・オーケストラと自作で共演 コンサートの詳細を見る
  • ドゥダメルが高雄(台湾)でマーラーとバーンスタインを指揮

    ドゥダメルが高雄(台湾)でマーラーとバーンスタインを指揮

    この秋、台湾の高雄にスペクタクルな新ホール、衛武営国家芸術文化センターがオープン。ベルリン・フィルは10月半ばのオープニング後、最初の国際的なオーケストラとしてこのホールに客演しました。指揮はグスターボ・ドゥダメル。プログラムは、バーンスタイン「ディヴェルティメント」とマーラー「交響曲第5番」です。

    2018年11月14日
    衛武営国家芸術文化センター(高雄)

    ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
    グスターボ・ドゥダメル

    • レナード・バーンスタイン
      管弦楽のためのディヴェルティメント

    • グスタフ・マーラー
      交響曲第5番

    ドゥダメルが高雄(台湾)でマーラーとバーンスタインを指揮 コンサートの詳細を見る
  • ドゥダメルがバーンスタインとショスタコーヴィチを指揮

    ドゥダメルがバーンスタインとショスタコーヴィチを指揮

    Photo: Monika Rittershaus

    グスターボ・ドゥダメルの2018/19年シーズンにおける2回目の客演では、バーンスタイン「交響曲第1番《エレミア》」とショスタコーヴィチ「交響曲第5番」が演奏されました。前者は、1939年から42年の無名時代に書かれ、ユダヤ教の「エレミアの哀歌」を素材にしています。ユダヤ人であるバーンスタインのオリジンをテーマとし、その聖書朗唱形式が強く打ち出されている興味深い作品です。バーンスタインの精神的な根幹を知る上で、重要な一曲と言えます。一方後者は、スターリン時代の「プラウダ批判」で粛清の危機にさらされた作曲家が、名誉挽回のためにあえて社会主義リアリズムの様式に沿って書かれました。その思惑は見事に実を結び、現在でもショスタコーヴィチの最もポピュラーな作品に数えられています。なお同作は、バーンスタインが伝説的名盤を残したことでも知られ、プログラムは彼との関連も暗示しています。

    2018年11月2日

    ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
    グスターボ・ドゥダメル

    タマラ・マンフォード

    • レナード・バーンスタイン
      交響曲第1番《エレミア》

      タマラ・マンフォードメゾソプラノ

    • ディミトリ・ショスタコーヴィチ
      交響曲第5番ニ短調

    • 無料映像

      グスターボ・ドゥダメル(聞き手:サラ・ウィリス)

    ドゥダメルがバーンスタインとショスタコーヴィチを指揮 コンサートの詳細を見る
  • ドゥダメルがマーラーの交響曲第5番を指揮

    ドゥダメルがマーラーの交響曲第5番を指揮

    Photo: Stephan Rabold

    ベルリン・フィルではすでに常連となったグスターボ・ドゥダメルの演奏会では、バーンスタインの「ディヴェルティメント」と、マーラーの「交響曲第5番」が演奏されました。バーンスタインは、2018年8月25日に生誕100周年を迎えました。1980年作曲の「ディヴェルティメント」は、ボストン響の100周年(centennial)を記念して書かれた作品で、全曲にBostonのB(ロ音)とcentenniallのC(ハ音)の音型が使われています。一方マーラーは、バーンスタインが60年代に積極的に取り上げ、世界的ルネッサンスを巻き起こした作曲家。トランペットのファンファーレで始まりますが、「ディヴェルティメント」も金管のファンファーレでスタートします。その意味でプログラム全体は、バーンスタインへのオマージュと言えるでしょう。

    2018年10月27日

    ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
    グスターボ・ドゥダメル

    • レナード・バーンスタイン
      管弦楽のためのディヴェルティメント

    • グスタフ・マーラー
      交響曲第5番

    ドゥダメルがマーラーの交響曲第5番を指揮 コンサートの詳細を見る
  • P・ヤルヴィがブラームスとルトスワフスキを指揮

    P・ヤルヴィがブラームスとルトスワフスキを指揮

    Photo: Monika Rittershaus

    NHK交響楽団の首席指揮者を務めるパーヴォ・ヤルヴィが、ルトフワフスキとブラームスのプログラムで客演しました。前者の「管弦楽のための協奏曲」は、1954年に初演され、西欧における作曲家の知名度を上げるきっかけとなった作品。ポーランド民謡による主題が無調の対位法、複合的なリズム構成で展開されるという形式を持ち、同時に極めてカラフルで、「聴きやすい」性格を示しています。一方、後者の「交響曲第2番」は、ベルリン・フィルの代表的なレパートリーとも言える楽曲です。ヤルヴィはドイツ・カンマーフィルとスタイリッシュでスレンダーな解釈を提示し、大きな反響を呼びましたが、まったく持ち味の異なるベルリン・フィルとの共演も興味深い内容となりました。

    2018年10月20日

    ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
    パーヴォ・ヤルヴィ

    • ヴィトルト・ルトスワフスキ
      管弦楽のための協奏曲

    • ヨハネス・ブラームス
      交響曲第2番ニ長調

    • 無料映像

      パーヴォ・ヤルヴィ(聞き手:スタンリー・ドッズ)

    P・ヤルヴィがブラームスとルトスワフスキを指揮 コンサートの詳細を見る
  • ヤクブ・フルシャがベルリン・フィルにデビュー

    ヤクブ・フルシャがベルリン・フィルにデビュー

    Photo: Monika Rittershaus

    東京都交響楽団の首席客演指揮者を務めるヤクブ・フルシャが、ベルリン・フィルにデビューしました。バンベルク響の首席指揮者も務める彼が今回選んだのは、オール・チェコ(モラヴィア)・プロです。ドヴォルザークの《黄金の紡ぎ車》は、1896年に作曲された作曲家晩年の交響詩で、知る人ぞ知る傑作と呼び名の高い作品。継母の奸計によって殺害された娘が魔法使いの手で蘇り、その力によって復讐を果たした後、王と結ばれるというエルベン(チェコの国民的詩人)のバラードを下敷きにしています。一方、ヤナーチェクの《タラス・ブーリバ》も、ゴーゴリの小説に依っています。コサックの首領タラス・ブーリバがふたりの息子の死と対峙し、また自ら落命するまでを描写。マルティヌーのヴァイオリン協奏曲第1番は、ソリストのフランク・ペーター・ツィンマーマンが強く支持する作品です。彼はすでに2012年に、ベルリン・フィルで同じ作曲家のヴァイオリン協奏曲第2番を独奏しています。

    2018年10月13日

    ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
    ヤクブ・フルシャ

    フランク・ペーター・ツィンマーマン

    • アントニン・ドヴォルザーク
      《黄金の紡ぎ車》

    • ボフスラフ・マルティヌー
      ヴァイオリン協奏曲第1番

      フランク・ペーター・ツィンマーマンヴァイオリン

    • セルゲイ・ラフマニノフ
      前奏曲ト短調(エルンスト・シュリーファーケ編曲)

    • レオシュ・ヤナーチェク
      管弦楽のための狂詩曲《タラス・ブーリバ》

    • 無料映像

      ヤクブ・フルシャ(聞き手:フィリップ・ボーネン)

    • 無料映像

      フランク・ペーター・ツィンマーマン(聞き手:フィリップ・ボーネン)

    ヤクブ・フルシャがベルリン・フィルにデビュー コンサートの詳細を見る
  • オラモが久々にベルリン・フィルに登場、チェロ独奏はA・ゲルハルト

    オラモが久々にベルリン・フィルに登場、チェロ独奏はA・ゲルハルト

    Photo: Monika Rittershaus

    サカリ・オラモ指揮のこのコンサートでは、グリーグとシベリウスの代表的な表題作品、《ペール・ギュント》第1組曲と《レミンカイネン》組曲が取り上げられました。これらは、イプセンの戯曲、フィンランドの国民的英雄伝『カレワラ』を題材とするもの。一方、ブレット・ディーンのチェロ協奏曲は、今回がヨーロッパ初演となりました。ディーンは、1985年から2000年までベルリン・フィルのヴィオラ奏者として活躍しましたが、現在は国際的な作曲家として広く認められています。

    2018年10月6日

    ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
    サカリ・オラモ

    アルバン・ゲルハルト

    • エドヴァルド・グリーグ
      《ペール・ギュント》組曲第1番

    • ブレット・ディーン
      チェロ協奏曲(ヨーロッパ初演)

      アルバン・ゲルハルトチェロ

    • ヨハン・セバスティアン・バッハ
      無伴奏チェロ組曲第6番ニ長調より前奏曲

      アルバン・ゲルハルトチェロ

    • ジャン・シベリウス
      《レンミンカイネン》組曲

    • 無料映像

      サカリ・オラモ(聞き手:ファーガス・マクウィリアム)

    • 無料映像

      ブレット・ディーン(聞き手:ファーガス・マクウィリアム)

    オラモが久々にベルリン・フィルに登場、チェロ独奏はA・ゲルハルト コンサートの詳細を見る
  • ビシュコフがラベック姉妹と共演、ブルッフの協奏曲はベルリン・フィル初演

    ビシュコフがラベック姉妹と共演、ブルッフの協奏曲はベルリン・フィル初演

    Photo: Umberto Nicoletti

    セミヨン・ビシュコフの定期演奏会のプログラムを見えない線で結ぶのは、ブラームスです。ブルッフは、彼の同時代として「50年後、ブラームスの真価はあまたに知れ渡るだろうが、私の作品で人々の記憶に残るのはヴァイオリン協奏曲第1番だけだろう」と言っています。そして「しかし他のコンチェルトも、少なくとも同様に良い曲なのに」と語っているのです。そのひとつが、この2台のピアノのための協奏曲。独奏は、カティア&マリエル・ラベックが受け持ちました。一方ドヴォルザークは、ブラームスが特に高く評価した作曲家です。またグラナートの《はるかなる土地》では、ブラームスの交響曲第4番の冒頭が引用されています。「ビシュコフはオーケストラの爆発的な力を制御し、適切な節度を守った。特にコンサートマスターの樫本大進を中心とする高弦が、その存在感と正確さ、明晰さにおいて輝きを放っていた」(『デア・ターゲスシュピーゲル』紙)と評されたコンサートをお聴きください。

    2018年9月29日

    ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
    セミヨン・ビシュコフ

    カティア・ラベック, マリエル・ラベック

    • デトレフ・グラナート
      管弦楽のための《はるかなる土地》

    • マックス・ブルッフ
      2台のピアノと管弦楽のための協奏曲

      カティア・ラベックピアノ), マリエル・ラベックピアノ

    • フィリップ・グラス
      2台ピアノのための4つの楽章より第4楽章

      カティア・ラベックピアノ), マリエル・ラベックピアノ

    • アントニン・ドヴォルザーク
      交響曲第7番ニ短調

    • 無料映像

      カティア・ラベック、マリエル・ラベック(聞き手:アルブレヒト・マイヤー)

    ビシュコフがラベック姉妹と共演、ブルッフの協奏曲はベルリン・フィル初演 コンサートの詳細を見る