映画『フルトヴェングラーの恋』

監督:ヤン・シュミット=ガレ (2004)

エリーザベト・フルトヴェングラー, フレデリック・マルクムヴィスト, ロベルト・サッカ, インゴルフ・トゥルバン

57分

2004年製作の『フルトヴェングラーの恋』は、世紀の大指揮者ヴィルヘルム・フルトヴェングラーについてのドキュメンタリー映画です。未亡人のエリーザベト夫人が、ヤン・シュミット=ガレ監督との対話を通して、フルトヴェングラーと過ごした時代を思慮深く、そしてウィット豊かに回想します。

フルトヴェングラーがエリーザベト・アッカーマンと再婚したのは1943年のこと。対話は、そこから巨匠の死の1954年にまで及びますが、ナチス時代亡命すべきだったのか否かという、フルトヴェングラーにとってもっとも難しい問いも話題に上ります。

エリザベート夫人の回想は、いきいきとフルトヴェングラーの実像を伝えます。作曲家としてはほとんど評価されなかったことへの失望、拍を取るだけの指揮への嫌悪、そしてその恋愛観…彼の根底にあったのは繊細さと豊かな内面でした。巨匠フルトヴェングラーをより身近に感じることができる作品です。

エリーザベト・フルトヴェンラー、インゴルフ・トゥルバン、ロベルト・サッカ、フレデリク・マルムクヴィスト

脚本・監督:ヤン・シュミット=ガレ
共同監督:ゲオルク・アルブレヒト・エクレ
撮影:トーマス・ブレジンスキー
音響:ハルトムート・チャルケ
編集:ペーター・プルツィゴッダ、ヴォルフガング・ヴァイグル
制作:マリエケ・シュレーダー、ヤン・シュミット=ガレ

Pars Media作品。MTV、NRK、ORF、SF、SVT、TSI、YLEとの共同制作。EUメディアプログラム支援作品。

www.parsmedia.com