ドミニク・ヴォレンヴェーバー ポートレート(日本語字幕付き)

ドミニク・ヴォレンヴェーバー ポートレート(日本語字幕付き)

監督:ジビル・シュトローベル (2017)

ドミニク・ヴォレンヴェーバー

7分

「過去の情感や情景を再現するのに、イングリッシュホルンほど適した楽器はない。記憶の隠れた側面を音にするのに最適である(ベルリオーズ『管弦楽法』)

より音域の低いオーボエであるイングリッシュホルンは、とりわけワーグナー、ベルリオーズ、ショスタコーヴィチの作品で重要なソロを務めます。ベルリン・フィルでは、1993年よりドミニク・ヴォレンヴェーバーがこの情感豊かな楽器を担当しています。ヴォレンヴェーバーは、ベルリン・フィル・オーケストラ・アカデミーでハンスイェルク・シェレンベルガーに師事。このポートレートでは、バイエルン国立管で同じ楽器を演奏していた父親について言及するほか、家族と過ごすプライベートな場面を見せています。さらに楽器のキャラクター、リード作りの苦労、デジタル・コンサートでライブ中継する緊張感などについて、語っています。

無料でお試し視聴!

無料でお試し視聴!

ラトル指揮によるベートーヴェン「交響曲第4&7番」を無料でご覧ください。

無料お試し視聴する