ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
サー・サイモン・ラトル(指揮

シューマン
交響曲第1~4番

For Simon Rattle, Robert Schumann is “the echt Romantic”. And in fact, the exuberance of the period, its passion and its melancholy can be heard with unique intensity in Schumann's music to this day. For the Berliner Philharmoniker, Schumann's symphonies have always been part of their core repertoire. The 1953 Wilhelm Furtwängler recording in particular has attained cult status. And so it only stands to reason that the Berliner Philharmoniker should launch their Berliner Philharmoniker Recordings label with a cycle of the four Schumann symphonies.

CD + BDエディション
CD + BDエディション

当録音は、豪華ハードカバー仕様のCD + BDエディションとしてもお求めいただけます。通常のCDのほか、BDにはハイレゾ音声とコンサート映像の両方が収録されています。アナログ・ファンのためには、180グラム重量LP盤をご用意しています。

オンラインショップで購入する