ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
ニコラウス・アーノンクール(指揮)

シューベルト作品集

ニコラウス・アーノンクール指揮によるベルリン・フィルのシューベルト・エディションは、8曲の交響曲とふたつのミサ曲、オペラ《アルフォンゾとエストレッラ》を網羅しています。作曲家が10代で書いた初期の交響曲と、《未完成》、《グレート》の交響曲は、アーノンクールがたびたび取り上げてきた中核的レパートリー。また後期のミサ曲、および上演の希な《アルフォンゾとエストレッラ》は、ドロテア・レッシュマン(ソプラノ)、ベルナルダ・フィンク(アルト)、ヨナス・カウフマン、カート・ストレイト(テノール)、クリスティアン・ゲルハーヘル(バリトン)等の豪華なソリスト陣を擁しています。

CD + BDエディション
CD + BDエディション

当録音は、豪華ハードカバー仕様のCD + BDエディションとしてもお求めいただけます。通常のCDのほか、BDにはハイレゾ音声とインタビュー映像が収録されています。アナログ・ファンのためには、180グラム重量LP盤をご用意しています。

オンラインショップで購入する