インタビュー
2010年9月12日

ヴィンリヒ・ホップ(聞き手:ヘルゲ・グリューネヴァルト) (14分)

ストラヴィンスキーのバレエ音楽《プルチネッラ》は、バロック音楽と新古典主義がもっともチャーミングに融合した一例かもしれません。サイモン・ラトル指揮のこの公演では、3人の歌手を交えた全曲版でお届けします。前半はベリオの40声と器楽のための《コーロ》で、こちらも新旧の音楽が溶け合った作品です。インタビューでは、ベルリン・フィルのドラマトゥルク、ヘルゲ・グリューネヴァルトが聞き手を務めています。

コンサート