インタビュー
2010年9月23日

ジョヴァンニ・アントニーニ(聞き手:ライマー・オルロフスキー) (18分)

刺激的な古楽演奏で知られるジョヴァンニ・アントニーニが客演しました。バロック時代のバッハから、その息子である初期古典派のC.P.E.バッハの交響曲、そしてベートーヴェンの交響曲第2番へと続く音によるパノラマをお楽しみください。ベルリン・フィルの長い歴史の中でバッハの管弦楽組曲第1番が演奏されるのは、意外にもこの時が2回目でした。インタビューでは、ベルリン・フィルの第2ヴァイオリン奏者、ライマー・オルロフスキーが聞き手を務めています。

コンサート