インタビュー
2010年9月18日

ピエール・ブーレーズ(聞き手:エマニュエル・パユ) (17分)

ピエール・ブーレーズが客演し、ストラヴィンスキーの歌劇《ナイチンゲール》を指揮しました。前半では、自作であるフルートとライブ・エレクトロニクス、2つのフルートとアンサンブルのための《…爆発-固定…》を振っていますが、これはストラヴィンスキーへの追憶として書かれた作品です。ソリストはフルートのエマニュエル・パユとソプラノのバーバラ・ハニガンが務めています。インタビューの聞き手は、ベルリン・フィルのソロ・フルート奏者、エマニュエル・パユです。

コンサート