インタビュー
2011年6月12日

サイモン・ハルシーによる作品解説 (16分)

ウラジミール・ユロフスキは、すでに2003年にベルリン・フィルにデビューしていますが、2回目の客演となるこの時の演奏会では、マーラー初期のカンタータ《嘆きの歌》を指揮しました。ロンドン・フィルの首席指揮者として成功を収め、現在飛ぶ鳥を落とす勢いの彼の演奏をお聴きください。演奏会の前半では、ストラヴィンスキーの作・編曲による2つの作品が演奏されています。

コンサート