インタビュー
2009年9月13日

アンゲラ・デノケ ラルス・フォークト(聞き手:ヘルゲ・グリューネヴァルト) (17分)

ショスタコーヴィチの交響曲第4番は、若き作曲家が持てる力を注いで書き上げた、野心に満ちた傑作です。2009年9月に指揮したサイモン・ラトルは、この作品の多面性に光を当てています。このほか、ベルクとデッサウの作品をソプラノのアンゲラ・デノケ、ピアノのラルス・フォークトと共に取り上げました。インタビューでは、ベルリン・フィルのドラマトゥルク、ヘルゲ・グリューネヴァルトが聞き手を務めています。

コンサート