インタビュー
2009年10月4日

ダニエル・バレンボイム アッシャー・フィッシュ(聞き手:スタンリー・ドッズ) (13分)

ショパンの生誕200年を間近に控えた2009年10月、ダニエル・バレンボイムがショパンの2曲のピアノ協奏曲を一晩で弾くというこの音楽家ならではの至芸を披露しました。イスラエル出身の指揮者アッシャー・フィッシュは、この時ベルリン・フィルへのデビューを飾っています。インタビューでは、ベルリン・フィルの第2ヴァイオリン奏者、スタンリー・ドッズが聞き手を務めています。

コンサート