インタビュー
2009年10月17日

ジャニーヌ・ヤンセン ダニエル・ハーディング(聞き手:サラ・ウィリス) (21分)

ブリテンのヴァイオリン協奏曲は演奏機会が稀な作品ですが、ここではジャニーヌ・ヤンセンがソリストとして登場し、この曲の真価を余すところなく弾き切っています。この他、ダニエル・ハーディングがバルトークの弦楽のためのディベルティメント、R・シュトラウスの《死と変容》を指揮しました。インタビューでは、ベルリン・フィルのホルン奏者、サラ・ウィリスが聞き手を務めています。

コンサート