インタビュー
2009年12月20日

ドナルド・ラニクルズ(聞き手:ファーガス・マクウィリアム) (16分)

ブラームスのドイツ・レクイエムは、最後の審判の描写が中心に置かれるカトリックの死者のためのミサ曲と違い、絶望した人間に寄り添ってくれるような温かさに満ちた作品です。ドナルド・ラニクルズが、大西洋を超えてやって来たアトランタ交響楽団合唱団との共演でこの曲を指揮します。前半の演目は、セバスティアン・S・カリアーのハープ協奏曲(初演)です。インタビューでは、ベルリン・フィルのホルン奏者、ファーガス・マクウィリアムが聞き手を務めています。

コンサート