インタビュー
2017年9月23日

アラン・アルティノグリュ(聞き手:ファーガス・マクウィリアム) (13分)

フランスの指揮者アラン・アンティノグリュがベルリン・フィルにデビューしました。プログラムは、ラヴェル「スペイン狂詩曲」、ドビュッシー《ペレアスとメリザンド》組曲(指揮者自身による編曲)、ルーセル《バッカスとアリアーヌ》第2組曲というフランス近代もの。ここに今回がヨーロッパ初演となるバルトーク「ヴィオラ協奏曲」の最新補筆版が演奏されています。ソリストは、ベルリン・フィル第1ソロ・ヴィオラ奏者、マテ・スーチュです。インタビューでは、ベルリン・フィル・ホルン奏者のファーガス・マクウィリアムが聞き手を務めています。

コンサート