インタビュー
2018年10月20日

パーヴォ・ヤルヴィ(聞き手:スタンリー・ドッズ) (20分)

NHK交響楽団の首席指揮者を務めるパーヴォ・ヤルヴィが、ルトフワフスキとブラームスのプログラムで客演しました。前者の「管弦楽のための協奏曲」は、1954年に初演され、西欧における作曲家の知名度を上げるきっかけとなった作品。ポーランド民謡による主題が無調の対位法、複合的なリズム構成で展開されるという形式を持ち、同時に極めてカラフルで、「聴きやすい」性格を示しています。一方、後者の「交響曲第2番」は、ベルリン・フィルの代表的なレパートリーとも言える楽曲です。ヤルヴィはドイツ・カンマーフィルとスタイリッシュでスレンダーな解釈を提示し、大きな反響を呼びましたが、まったく持ち味の異なるベルリン・フィルとの共演も興味深い内容となりました。インタビューの聞き手は、ベルリン・フィルの第2ヴァイオリン奏者、スタンリー・ドッズです。

コンサート